Jam Films プレミアムBOX 妻夫木聡|魚谷佳苗

Jam Films プレミアムBOXJam Films プレミアムBOX
出演:オムニバス・ムービー
アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2003-06-27

もしも 映画を撮りたいならば・・・。 2004-10-14

このBOX版には各作品のシナリオ集が付属している。

行間を読み、どのように映像化しているのか見比べるのがいいでしょう。

そして、自分なりの映像作品にするのもいいでしょう。

さて、ここからは個人感想
行定監督のジャスティスは 男性諸君にはどこか身に覚えがあるのではないでしょうか?

飯田監督のコールドスリープは ナイトヘッドのように長編化してほしい作品でした

岩井監督の ARITA は・・・。
いい意味で初期の岩井作品っぽくてよかったです・・・。
PV時代を思い出しました。(東京少年のPV集は秀逸、手に入る機会があればかって損は無し)

さらに詳しい情報はコチラ≫

Jam Films 妻夫木さとし |魚谷佳苗

Jam FilmsJam Films
出演:オムニバス・ムービー
アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2003-06-27

けっこうおもしろかったですけど・・ 2006-06-25

楽しいのですが、これだけの監督が名をつらねてこの出来は少し残念なような気もします

行定監督はブルマだよりで岩井監督はあやふやにした印象うけた
あえてこのような崩した感じのラフさで統一しているのですか・・・

監督の他の作品も見ているだけに非常に残念でした。
行定監督や岩井監督のほかの素晴らしい作品を見てもみなさんは納得ですかねぇ・・

なんか軽い気持ちでやってるのがなんか嫌でした・・

さらに詳しい情報はコチラ≫

なぞの転校生 ツマブキ聡 |眉村卓

なぞの転校生なぞの転校生
出演:
バンダイビジュアル
発売日 2003-04-25

とある高校に転校してきた美少女・真祐未(佐藤康恵)は、自由に次元を行き来出来る能力を持っていた。

真祐未と親しくなった翠(新山千春)もまた次元ジャンプの能力を身につけてしまい、ふとした弾みでジャンプを繰り返すのだった…。

眉村卓のジュブナイル小説を小中和哉監督が映画化した本作は、次元移動というハードSF的設定と、少女たちの日常生活という、異なったふたつの要素を見事にマッチさせた傑作である。

転校生・真祐未の奇妙な言動に最初は翻弄される翠だが、「私が今までいた次元は、核戦争によって滅亡した」との告白を実体験することで、カート・ヴォネカットの「スローターハウス5」の主人公のように次元ジプシーと化してしまう。

特撮・CGを使用したインパクトの強いビジュアルの連続だけでなく、少女たちのやりとりをナチュラルに切り取った、志賀葉一の繊細なカメラワークが眩しい。

新山の幼なじみ役で、妻夫木聡が出演している。(斉藤守彦)

世界はひとつじゃないの 2005-04-18

量子力学や多元宇宙を扱った異次元モノSFですが、如何様にでも解釈が出来る点が、ただのSFとは一線を画していると思います。

ちょっと難解な感じもしますが(^^;、一粒で三度ぐらいおいしかったです。

それと、ウルトラマンネクサスの西条副隊長のことをダダ呼ばわりしている人は絶対観ること!佐藤康恵氏の魅力が大爆発ですぞ(個人的にはレジスタンスの闘士の衣装と、“前の世界”の時の制服姿がツボでございました)。

さらに詳しい情報はコチラ≫

きょうのできごと プレミアムセット 妻夫木聡 |行定勲

きょうのできごと プレミアムセットきょうのできごと プレミアムセット
出演:
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2004-08-25

行定勲の挑戦 2006-04-14

この映画は、何も起こらないし若者の普通の一日を追っていくだけだが、のんびりしていて気を張らなくていい楽しい映画になっている。

出演者の、若手俳優達の関西弁は、関西人にしたらぎこちないと感じるかもしれないが、面白く仕上がっていると思う。

妻夫木聡、田中麗奈のカップルもかわいいが、一番の注目は、伊藤歩だ。伊藤歩が演じるけいとは、天然のようでありながら、かわちの前以外ではケロッと元にもどる面白いキャラだ。

メイキングでも出演者が話していたが、もし妻夫木と麗奈演じるカップルが別れてしまったら、けいとは、妻夫木の役とつきあうと思う。この映画は、人に勧めたくなる映画だ。

さらに詳しい情報はコチラ≫

砦なき者 妻夫木聡史 |野沢尚

砦なき者砦なき者
出演:
ビデオメーカー
発売日 2004-09-24

上質のサスペンスドラマでした 2005-11-20

重い話ですが、おもしろいサスペンスでした。

俳優もすばらしく安心して物語に入り込めました。

役所浩司はもちろん妻夫木聡もよかった。

笑ってるのに怖い、狂気を感じました。

鈴木京香はちょっと・・・でしたが。

さらに詳しい情報はコチラ≫

スジナシ 妻夫木さとし 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎 |笑福亭鶴瓶

スジナシ 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎スジナシ 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎
出演:
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日 2005-07-27

暇な一人の夜にぴったり 2006-01-15

スジの無いドラマを演じるという、「落語のご」を思い出すような

鶴瓶らしい企画の名古屋ローカル深夜番組



相手が想定外の台詞を言った為、顔が笑ってしまう・・・不自然な芝居

どうにかキチンとした芝居にもうっていこうとする役者魂?

そんな妙な空気が行き交い、張り詰めた空気が支配する

スジがない緊張感がたまらなく面白い!

「カット!」というディレクターの声と共にその張り詰めた空気は、一気に溶ける

開放された雰囲気で、出演者と鶴瓶が収録テープを観ながら行う歓談もgood☆



ただし。クドカンはやはり脚本&演出に専念した方が良さそう・・・

さらに詳しい情報はコチラ≫

さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ メモリアルBOX ツマブキ聡 |藤岡改造

さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ メモリアルBOXさよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ メモリアルBOX
出演:
ハピネット・ピクチャーズ
発売日 2004-02-06

クロの学校葬には何千人という弔問客が訪れたという実話 2005-02-25

一匹の黒い野良犬がたくさんの人間を癒す物語、自然に演じた俳優たちともども見るほうも自然体で見たい。

動物は飼っていなくてもこの物語に心癒されるはず、単なる動物物ではない人間を描いた映画だから。

長野の高校生といえば白線流しを思い出すが深志高校の生徒もいい。

妻夫木聡と伊藤歩はこの後、「きょうのできごと」でも息のあった演技を見せる、日本映画の未来を託すにふさわしい二人だ。

さらに詳しい情報はコチラ≫

ジョゼと虎と魚たち(通常版) 妻夫木さとし |妻夫木聡

ジョゼと虎と魚たち(通常版)ジョゼと虎と魚たち(通常版)
出演:
角川エンタテインメント
発売日 2004-08-06

大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。

くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。

そんな彼女に恒夫はどんどん引かれていき、くみ子も心を許すが、ふたりの関係は永遠ではなかった。

『金髪の草原』の犬童一心監督が、田辺聖子の短編小説を映画化。くみ子演じる池脇千鶴は、関西弁でぶっきらぼうなくみ子の中の女性の部分をデリケートに見せて名演。

妻夫木聡は、男の弱さ、ずるさ、情けなさを恒夫を通して見せていくが、恒夫が憎めない男になったのは、心の奥まで透けて見えるような彼の純な演技あってこそだろう。

エロティックで美しくて切なくて泣けてしまうラブシーンも出色。恋愛の幸福感と背中合わせの残酷さを見事に描いた傑作だ。(斎藤 香)

ジョゼと虎と魚たちと嫁。 2007-01-02

見よう見ようと思っていたのだがついつい先延ばしになってた

ジョゼと虎と魚たちを先日ようやく鑑賞。

池脇千鶴のジョゼがすごい!!昔インタビューで競演の妻夫木聡が「ちーちゃん(池脇)がすごい!!」と手放しに絶賛していただけある。

妻夫木はたしかこの年どこかの映画賞で最優秀主演男優賞をもらってたはずだ。(報知?)

妻夫木の普通っぽさも映画の中では重要な役割なのだがなんといっても池脇の演じるジョゼの偏屈で依怙地でヘンテコな本ばっかり読んでるくせにどこか愛らしいキャラクターあったからこそその普通っぽさが光ったと思う。

クライマックスで強がっていたジョゼが泣き崩れて恒夫(妻夫木)にすがるシ−ンはもうやばい。

ふと横で一緒に鑑賞していた嫁を見たら普段は映画、ドラマで泣かない鉄の女なのに涙腺が決壊していた。

嫁も偏屈で依怙地で人に甘えられないタイプだからだろう。この手の女性はジョゼの強がる部分ともろい部分が自分とオーバーラップしてしまうのでは。

ラストが後味悪い、という人がいるかもしれないが予定調和ではないのが恋愛の悲しいところであり美しいところでもある。自分はラストはこれでよかったと思う。

この映画がよかったという人はきっとエンディングテーマのくるりの「ハイウェイ」を最後まで堪能してるに違いない。

さらに詳しい情報はコチラ≫

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 妻夫木聡 |ルーカス・ブラック

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
出演:
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日 2006-12-22

人気カーアクション・シリーズの第3弾は、東京が舞台。カリフォルニアの高校生ショーンが暴走事故を起こし、少年院送りになる代わりに、軍人の父が住む日本へ行くことになる。

東京都心での狭い道や立体パーキング、急カーブの山道で繰り広げられるドリフト走行のレースは、過去2作とは違う緊密なスペクタクル感を生み出した。

レースシーンは日本でのロケに、セットでの撮影、CGを合成。渋谷のスクランブル交差点で大爆発が起こるなど、“ありえない”状況が無理なく映像化されている。

アクション以外でも、日本人にとってはカルチャーギャップのドラマが楽しめる。

詰め襟を着たショーンの姿も笑えるが、高校の食堂での懐石料理風メニューや、渋谷ギャルのメイクなど、ちょっぴり変な日本もご愛嬌。

ツッコミを入れるのも、それはそれでおもしろい。

日米混合のキャストのなかでは、わずかなシーンながら妻夫木聡、柴田理恵など豪華なゲスト出演が見どころ。

これまでのシリーズが、どちらかと言えばカーアクション・ファン向けだったが、この3作目は娯楽作として、とくに日本でより多くの層にアピールする作りになった。(斉藤博昭)

日本人俳優頑張れ! 2007-01-10

アメリカが画く日本はいつもガッカリさせられますが、まぁしかたないか。

やっぱりアジア系はみんな同じ顔に見えるんかな。
日本人が鼻が低いからってあんなハナペチャじゃなくても‥
でも走りは楽しかったです!

さらに詳しい情報はコチラ≫

学校の怪談 物の怪スペシャル ツマブキ聡 |竹中直人

学校の怪談 物の怪スペシャル
出演:
ハピネット・ピクチャーズ
発売日 2002-08-25

猫田直の方が... 2004-12-26

本DVD収録の矢口史靖監督「怪猫伝説」が『ONE PIECE 秋コレクション』収録の「猫田さん」のセルフリメイクということで観てみた。

確かに一女優としては「怪猫伝説」にもチョイ役で登場す<る相川直改め猫田直より深津絵里の方がカワイイに決まっているのだが、どちらがより動物的、猫的かといえば間違いなく猫田直
だ。

『ONE PIECE 秋コレ』の「猫田さん」で猫舌の猫田直が、生姜湯をいっしょうけんめい手のひらであおいで冷ましているその手の動きなんかは、本当に猫という感じがする。

演出的には『ONE PIECE』のようにワンカットでない分、ていねいで分かりやすいが、「親方」が写真を切り抜いたり、紙くずを丸める手元のクローズアップのカットなどは、ちょっとクドすぎる気がする。

それでも大学の廊下でニワトリといっしょに暴れる深津絵里のジャンピングカットや、最後が「親方」の自転車が遠ざかっていくロングショットで終わっているところなど、矢口監督らしい抑制のきいた上品な演出が、良い!

さらに詳しい情報はコチラ≫

69 sixty nine プレミアムセット 妻夫木聡 |村上龍

69 sixty nine プレミアムセット69 sixty nine プレミアムセット
出演:
東映
発売日 2004-12-21

1969年の長崎県・佐世保。高校3年生のケンは、憧れの学園のマドンナに近づきたいがために、ロックコンサートや映画、演劇を総合したフェスティバルを開くことを決意。

友人のアダマやイワセらを巻き込んでいく。だがそのいきかがり上で、高校の全共闘の面々と共に高校のバリケード封鎖をすることになってしまうのだった…。

主人公の行動がすべて“女のため”というのがいい。しかも69年が舞台になっているのに全然古めかしくないのもいい。

妻夫木聡と安藤政信の高校生になりきった演技がいい。まさにどこを切っても“いい”づくし。

全編文句ナシの小気味良い青春グラフィティに仕上がっている。たとえ時代が変わっても若者のおバカなノリは一緒。

そういう意味で老若男女誰もが楽しめる傑作だ。観て絶対に損なし。(横森 文)

タイミング。 2005-01-28
原作とうまく切り離して観ることができれば、面白い。

タイミング悪く、原作と混同してしまうと、どうかなぁ。

さらに詳しい情報はコチラ≫

SABU~さぶ~ 妻夫木さとし |竹山洋

SABU~さぶ~SABU~さぶ~
出演:
松竹
発売日 2003-02-22

竜也クン最高らぁ―ょ 2005-06-11
さぶとぇぃじの友情にすごく感動UまUた。竜也くnが出るからみたnだヶどみてょかったです。最後のさぶとぇぃじが抱き合ぅ所にまぢ感動!!感動をぁりがとぅッッ素

さらに詳しい情報はコチラ≫

どろろ ナビゲートDVD ~序章~ ツマブキ聡 |妻夫木聡

どろろ ナビゲートDVD ~序章~どろろ ナビゲートDVD ~序章~
出演:
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日 2006-12-22

どろろんえん魔くん 2006-10-06
●来年公開(2007年1月27日)が楽しみです。

『あずみ』と比較してしまいそうな・・・。

最近は紹介DVDが出るのが多いんですね。

さらに詳しい情報はコチラ≫

さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ スペシャル・エディション 妻夫木聡 |藤岡改造

さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ スペシャル・エディションさよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ スペシャル・エディション
出演:
ハピネット・ピクチャーズ
発売日 2004-02-06

ある高校にさまよいついた1匹の黒い野良犬。その犬はクロと名づけられ、用務員室に寝泊まりし、夜は用務員と一緒に校内を見回り、時には職員会議にも出席しと、学校の一員として飼われ続けた。

そんなクロは、自分のせいで友人だった男性が死んだと思い、自殺しようとした3年生の雪子をも助ける…。

昭和36年頃に長野県の松本深志高校に住みつき、12年間にわたって生徒たちと学園生活を送った実在の犬クロ。

そんなクロに関わる人間たちの姿を追った作品。普通、この手合いの作品だと動物に視線が向かいがちだが、『きらきらひかる』などで卓越した演出を見せる松岡錠司監督は、あくまでも青春映画として成立させた点がポイント。

犬と生徒、生徒対生徒の温かい心の触れ合いが、観ている者に感動を与えてくれる。(横森 文)

温かい人間ドラマ 2005-12-27

犬が主人公の物語かと思いきや、実は犬そのものより、犬をとりまく
人間たちの優しさに胸打たれる、どこかほろ苦くも温かいドラマです。

後半は切ない人間関係や純愛、老いていく犬や見守る人々の一生懸命さに涙が止まりませんでした。久々にこれでもかというほど泣ける映画でした。

さらに詳しい情報はコチラ≫

プラトニック・セックス ツマブキ聡 |飯島愛

プラトニック・セックス <TV版>プラトニック・セックス
出演:
ポニーキャニオン
発売日 2002-04-24

素直に泣けました 2005-09-09

星野真里、最近とみにキレイになったなあと思い、主演ドラマだからと手にしましたが、見応え十分でした。

ミドルティーンからハタチ過ぎにかけて、怒涛&波瀾万丈の人生を駆け抜けていく主人公「加奈=愛」を、星野真里が、もう“弾けた”としか言いようがない芝居で熱演しています。

素では、おっとりお嬢さま然とした清純派なのに、役になりきったときのこのギャップは一体、何なんだろうと目を見張ってしまう。女優として、プロだっていうことでしょうね。

主人公の価値観は普遍で不変。彼女が変わるんじゃなくて、彼女を取り巻く周りの状況がどんどん動いていく。

まるでジャングルクルーズみたいなストーリーの仕立て方が新鮮なドラマです。

また、基本的に「性善説」に則ったドラマなので、「性悪説」的な彩りを添えた佐野史郎演じるパトロン石川が際立って見える。

石川が「愛」に向けて発する最後のメッセージには、年齢を問わず、勇気づけられるんじゃないでしょうか。

そのメッセージを受けて「愛」は「加奈」へ戻るわけですが、この展開はちょっと短絡的かなと思いながら、でも、素直に泣けました。

渋谷すばる・妻夫木聡・柏原崇・藤木直人と、原作者のリクエストかなと思うほど美形をそろえた相手役の男優たち。

かつての青春スター、永島敏行・田中好子。ラストのカタルシスへとつながっていく、2人の苦悩と悲しみの演技。

そのへんも見どころです。あと、椎名法子っていう発見もありました。彼女、何か光るものを持っていますね。

さらに詳しい情報はコチラ≫

69 sixty nine 妻夫木さとし |村上龍

69 sixty nine69 sixty nine
出演:
東映
発売日 2004-12-21
1969年の長崎県・佐世保。

高校3年生のケンは、憧れの学園のマドンナに近づきたいがために、ロックコンサートや映画、演劇を総合したフェスティバルを開くことを決意。

友人のアダマやイワセらを巻き込んでいく。だがそのいきかがり上で、高校の全共闘の面々と共に高校のバリケード封鎖をすることになってしまうのだった…。

主人公の行動がすべて“女のため”というのがいい。しかも69年が舞台になっているのに全然古めかしくないのもいい。

妻夫木聡と安藤政信の高校生になりきった演技がいい。まさにどこを切っても“いい”づくし。

全編文句ナシの小気味良い青春グラフィティに仕上がっている。たとえ時代が変わっても若者のおバカなノリは一緒。そういう意味で老若男女誰もが楽しめる傑作だ。観て絶対に損なし。(横森 文)

青春ってやっぱりイイなぁ♪ 2006-08-20

思春期特有の甘酸っぱすぎて、ハイテンションで、どこかおバカなんだけど、そんな所さえ微笑ましくみえてしまう・・・そんな映画でした。

チョット内容が、宗田治の「僕らの7日間戦争」に似てるかも??

でも「下妻物語」みたいに頭を空っぽにして見れる所が良いし、「スウィングガールズ」みたいに方言最高!って思わせてくれます!!!

しかし、なんで青春モノって学校一のマドンナが主人公のことを絶対に好きになるんでしょう?笑’男性が脚本書くと、ほとんどそーなってますよね〜。

さらに詳しい情報はコチラ≫

ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組) 妻夫木聡|田辺聖子

ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)
出演:
アスミック
発売日 2004-08-06
大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。

くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。

そんな彼女に恒夫はどんどん引かれていき、くみ子も心を許すが、ふたりの関係は永遠ではなかった。

『金髪の草原』の犬童一心監督が、田辺聖子の短編小説を映画化。くみ子演じる池脇千鶴は、関西弁でぶっきらぼうなくみ子の中の女性の部分をデリケートに見せて名演。

妻夫木聡は、男の弱さ、ずるさ、情けなさを恒夫を通して見せていくが、恒夫が憎めない男になったのは、心の奥まで透けて見えるような彼の純な演技あってこそだろう。

エロティックで美しくて切なくて泣けてしまうラブシーンも出色。恋愛の幸福感と背中合わせの残酷さを見事に描いた傑作だ。(斎藤 香)

役柄と本人が近い作品 2006-11-30

関西弁の作品なのに、標準語の妻夫木聡。本人同様、福岡出身の設定だから。

池脇千鶴も本当に糠床あるらしい。上野樹里は年齢は背伸びしているが服のセンス等が兵庫の人っぽい。

新井浩文は良く知りません。

恋愛の実態てこんなものかなとしみじみ日差しにあたりたくなる映画です。大学生活を送った人は一度は観た方が良い。

さらに詳しい情報はコチラ≫

東京ぬけ道ガール ツマブキ聡|小原信治

東京ぬけ道ガール東京ぬけ道ガール
出演:
バップ
発売日 2003-09-18

家でちょっと時間が空いたときに見ましょう 2005-02-08

渋滞の多い東京で抜け道を教えるライダー(ともさかりえ)、彼女と偶然会ったチンピラ(妻夫木聡)。

2人がからむちょっとした事件の数々。

元々テレビの深夜放送枠向けに作られたものなので、わりとあっさりめの作りのショ−トスト−リ−が連なってるのですが、その構成ゆえの「軽み」みたいなものが、重くなりそうなテーマを中和して、いいバランスになってます。

観終わった後、ちょっと感動したとか、ちょっと元気になったとか、決して大げさでない感情が胸に。過大な期待をせず、さらっと観ましょう。

さらに詳しい情報はコチラ≫

ドラゴンヘッド ツマブキ聡|望月峯太郎

ドラゴンヘッドドラゴンヘッド
出演:
アミューズソフトエンタテインメント
発売日 2004-02-27
修学旅行帰りの高校生テル(妻夫木聡)らを乗せた新幹線が、突如の事故でトンネルに閉じ込められる。

奇跡的に生き延びたテルは、密室内で狂気の行動に走るノブオ(山田孝之)の魔手から逃れ、同じく生き延びたアコ(SAYAKA)とともに地上へ脱出する。

しかし、そこで彼らが見たものは、世界崩壊後の地球の姿であった…。

望月峯太郎の同名カルト・コミックを『アナザヘブン』の飯田譲治監督のメガホンで映画化。

全編ウズベキスタンの広大な砂漠の下で撮影されており、シネマスコープ画面の中、ほこりまみれになりながら熱演する主演ふたりの姿が痛々しくも誇らしい。

藤木直人のニヒルな悪役も妙味だ。VFXがち密ではあれ、どこか箱庭的で全体的な広がりに乏しい感があるのは残念。(的田也寸志)

極限状態における人間の精神状態のシミュレーション 2007-01-04
日本崩壊の原因は?


ストーリーの起承転結は?

なんでこんなめちゃめちゃな展開なのか?

なんで結末までしっかり描かないのか?

なんで声の強弱が激しいのか?


そのような事を考えたら楽しく観れません!

これが表現したいのは、「極めて客観的視点で観た、極限状態の人間」それのみです。


泥沼にはまるし、しかも解決もしないし、全くすっきりしません。

しかも、実は現実に適応できなかった人間は、希望を捨てない「主人公とヒロイン」だけです。

あとの人間は、恐怖を忘れたり一つの空間に引きこもったり、情を失う事で「極限状態に適応」しています。

主人公とヒロインは極限まで弱いです。イッチャッタ軍人に命乞いしたり、逃げるべきところで駄々こねたり、何も出来ないし、救えません。

ですが、その弱さ自体が人間らしさであり、正常な状態だと思います。適応した人間は、命乞いもせず、恐怖も感じず、弱音も吐きませんが、明らかに異常です。

「自分ならどっちになるだろう」
と考えると怖いです。どちらもお先真っ暗な感じです。主人公達には他の人間達に比べ、希望の光(極々小さな光だが)がありますが、私は恐怖を捨ててお先真っ暗な主人公以外の人間になると思います。


この映画はつまり、答えを示す作品ではなく、あくまで「部品を提供する」映画だと思います。

部品をばらまいて「あとはご自由に」です。
一般的に映画は「完成品を提供する」か「完成できるばらばらな部品を提供する」ものです。

ですが、この映画は部品を集めてもまず完成しません。だから「欠陥品。つまらない」と言ってしまうのだと思います。

完成しない作品なら、自分で空想する事で部品をこしらえて完成させればいいのではと思います。

そんな空想のきっかけとして観れば面白いのではと思います。

さらに詳しい情報はコチラ≫

妻夫木聡・安藤政信 in 69 ~映画という名の終わらない祭り~ ツマブキ聡|妻夫木聡

妻夫木聡・安藤政信 in 69 ~映画という名の終わらない祭り~妻夫木聡・安藤政信 in 69 ~映画という名の終わらない祭り~
出演:
東映
発売日 2004-06-21

いい! 2004-09-22

妻夫木聡さん×クドカンに興味があったので、見ました。映画がほんとに面白かったので、このDVDも見ました。映画撮ってるところっていいですよ!なんか、自分も撮影に加わった感じがして(^^)

さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。